2022-01-05

よのなか学園「新結合学科」1月15日スタート

 2022年の『よのなか学園』は、対面開催の参加型プログラム「新結合学科」を1月15日から開始します。全5回のイベントページは以下の通りになりますので、詳細についてはそちらをご確認ください。


よのなか学園|新結合学科#01「助け合いは誰が求めているのか」

ゲスト:澤出桃姫子(さわで・ときこ)

https://yononaka-innovation01.peatix.com/


よのなか学園|新結合学科#02「恣意的臨場性の是非」

ゲスト:若菜彩人(わかな・あやと)

https://yononaka-innovation02.peatix.com/


よのなか学園|新結合学科#03「デジタルで加速するプロジェクトを産み続ける真価を探る」ゲスト:種市慎太郎(たねいち・しんたろう)

https://yononaka-innovation03.peatix.com/


よのなか学園|新結合学科#04「弱いつながりへ踏み出す一歩目の<価値と危険とハードル>と」ゲスト: 嶋本勇介(しまもと・ゆうすけ)

https://yononaka-innovation04.peatix.com/


よのなか学園|新結合学科#05「コミュニティ難民 / 異質な再編集 / 新結合の誕生」

ゲスト: アサダワタル

https://yononaka-innovation05.peatix.com/


現地参加・オンライン視聴ともに、参加費は1500円となります(全5回パスポートは5000円になりますので、1回あたり1000円となります)。現地参加は定員6名になりますので、お早めにお申し込みください。みなさまにお会いできるのを、楽しみにしております!

●お問合せ/北海道NPOサポートセンター info@hnposc.net



2021-12-29

1月12日 WAM助成説明会

 幅広い福祉の活動に助成をする「令和3年度WAM助成(補正予算事業)」「令和4年度WAM助成(通常助成事業・モデル事業)」の助成公募が開始されました。

今回、北海道NPOサポートセンターでは、WAM助成の担当者から令和4年度WAM助成及び孤独・孤立対策の一環として予算化された令和3年度補正予算事業について、募集内容の説明及び質疑応答を行う説明会(対面&オンライン)を共催により開催します。

例年の助成に加え、補正予算事業(コロナ禍における生活困窮者及びひきこもり支援に係る民間団体活動への助成)も募集しています。

WAM助成への応募を検討中の皆さまはぜひご参加ください。

 

WAM助成については以下をご覧ください

 補正予算事業:https://www.wam.go.jp/hp/r3hosei_wamjyosei/

 通常助成事業・モデル事業:https://www.wam.go.jp/hp/r4_wamjyosei/

・どちらも助成額は1団体50万円~900万円、今回から職員の人件費も一部認められるこ

とになりました。

・提出期限は補正予算事業が124日(月)午後3時、通常助成事業・モデル事業が131日(月)午後3時になります。

 

日 時:112日(水)19時~20時半

場 所:市民活動プラザ星園306号室もしくはオンライン ※申し込み後にリンクを送ります

参加費:無料 

内容:19~1940分:オリエンテーション&WAM助成プログラムの概要説明

   1940~:質疑応答

申 込:フォーム https://forms.gle/LGxpkQcm1GYUaSfP7

もしくは

メール(info@hnposc.net)にてお申込みください

 

主催:独立行政法人福祉医療機構(WAM

協力/問合せ先:北海道NPOサポートセンター

        TEL011-200-0973  Mailinfo@hnposc.net

2021-12-28

年末年始

 2021年12月29日から2022年1月5日まで休みをいただきます。

お急ぎの方はメールにてご連絡ください。

2022年もよろしくお願いいたします。


北海道NPO情報1月号

北海道NPO情報1月号を公開しました。

PDFファイルをご覧いただけます。


バックナンバー一覧

http://npo.dosanko.org/2016/01/npo2016.htm

北海道NPO情報 バックナンバー



ファイル形式はPDFです。※PDFファイルを閲覧頂くには、最新のブラウザをご利用下さい。ダウンロードする場合は、ファイルメニューからダウンロードを行って下さい。

2022年 12月号
2022年 11月号
2022年 10月号
2022年 9月号
2022年 8月号
2022年 7月号
2022年 6月号
2022年 5月号

2022年 4月号
2022年 3月号
2022年 2月号
2022年 1月号
 
1998年1999年2000年2001年2002年2003年2004年
2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年 |
2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年
2019年2020年2021年

北海道NPO情報 バックナンバー 2021年分

 2020年分バックナンバー


ファイル形式はPDFです。※PDFファイルを閲覧頂くには、最新のブラウザをご利用下さい。ダウンロードする場合は、ファイルメニューからダウンロードを行って下さい。

2021年 12月号

2021-12-21

北海道NPOサポートセンター 事業報告書等


(事業活動報告書・決算報告書 PDF)



2021-12-09

北海道NPO情報12月号

北海道NPO情報12月号を公開しました。

PDFファイルをご覧いただけます。


バックナンバー一覧

http://npo.dosanko.org/2016/01/npo2016.htm

2021-11-05

北海道NPO情報11月号

北海道NPO情報11月号を公開しました。

PDFファイルをご覧いただけます。


バックナンバー一覧

http://npo.dosanko.org/2016/01/npo2016.htm

2021-10-22

(11/18開催!)NPO会計実務オンラインセミナー特別編のお知らせ

 北海道NPOサポートセンターです。

下記の通り実施いたしますので、当センター団体会員は参加費無料ですので、ぜひご参加ください。

NPO会計実務オンラインセミナー特別編
「今押さえておきたい!インボイス制度と電子帳簿保存法改正」

最近経理担当者の中では話題(?)のインボイスと電帳法改正。実際のところ自分たちの法人ではどのように対応したらよいのか、瀧谷和隆税理士にじっくり聞いてみましょう!!

瀧谷和隆氏…NPO法人会計税務専門家ネットワーク理事・事務局長/税理士

大学卒業後、札幌とロスアンジェルスの会計事務所で勤務。その後、国際交流基金日米センター・NPOフェローとしてニューヨークとデトロイトのNPOに在籍し、NPO等の会計税務支援に従事。

日 時:11月18日(木)13時半~15時半

場 所:オンライン(お申込みいただいた方に前日までにzoomのリンクをお知らせいたします。)

参加費:北海道NPOサポートセンター団体会員:無料

    /非会員:1,000円 

    非会員の方は、参加費を前日までにお振込みください

    (北洋銀行/札幌西支店/4225648/北海道NPOサポートセンター」)

お申込:メールでお申し込みください。「npokaikei@hnposc.net」

    ※件名を「NPO会計実務オンラインセミナー参加」としてください。

第一部:インボイス制度って何?NPO法人への影響は?

「適格請求書発行事業者」とはどんな事業者で、「適格請求書等」とは何かを学び、法人としてどのような対応を取らなければならないかを一緒に考えましょう!~2023年10月から「適格請求書等保存方式」(インボイス方式)が導入されます。

適格請求書(インボイス)とは、 売手が買手に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝えるものです。2021年10月1日から適格請求書発行事業者の登録申請の受付が開始されましたが、適格請求書発行事業者の登録を受けようとする事業者は、登録申請書を所轄税務署長に提出する必要があります。

内容)インボイス制度の概要解説

   /北海道NPOサポートセンター(消費税課税事業者)と、

    北海道NPOファンド(消費税免税事業者)の場合を例に考えてみよう

   /質疑応答

第二部:電子帳簿保存法改正の内容は?電子取引が紙で保存できなくなる!?

紙や印刷コストを削減し、管理業務の効率化につながる電子保存。2022年1月の電子帳簿保存法の改正ではこれまでの要件が大幅に緩和されることとなっています。一方で、電子取引システムで作成した請求書等をPDFにしてメール添付で授受する場合や、インターネットで購入した商品についてネットで発行された領収書をPDFでダウンロードする場合、これまではPDFなどの電子データを印刷し、紙での保存が認められていましたが、改正後はこれができなくなり「電子取引」で授受した取引情報については、必ず電子データで保存しなければならないことになりました。

「電子取引」の電子データ保存に対応する方法を検討しながら、自団体の会計業務の効率化を一緒に考えましょう。

内容)電子帳簿保存法改正の概要

   /北海道NPOサポートセンター(法人税課税事業者)の場合の対応を例に考えてみよう

   /質疑応答


ご参加、お待ちしております。


●お申込み・お問合せ/北海道NPOサポートセンター

メール npokaikei@hnposc.net

TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974