2018-02-23

≪3月8日、9日開催≫道内中間支援センター研修&交流会

道内の主要都市に設置されていた支援センターが、人口数万の都市にも中間支援センターが作られその活性化が望まれています。人口減少のなかで町内会の機能が弱まっているなか、団塊の世代が町内会や地域活動の主力になってきており、一度は都会に出た若者が帰ってきて地域の中で活動する場合にも、中間支援センターは必須アイテムなのかもしれません。一方で、社会課題の解決の主体は多様化(一般社団や株式会社等)し、それに伴ってか、社会課題解決をミッションとする組織を支援する組織(財団や企業コンサル)や個人(プロボノ、フリーのコンサルタントなど)、仕組み(企業や金融機関によるNPOプランの提供やプロボノ派遣など)がどんどん出てきています。そんな中、今後北海道の中間支援センターに必要な要素は何でしょうか。組織として必要な機能、各スタッフが持たなければならないスキルを、NPOを取り巻く社会の変化から問い直したいと考えています。
(「NPO情報1月号」巻頭言より一部抜粋)

●日時/2018年3月8日(木)13:00~17:30(終了後、懇親会)
2018年3月9日(金)9:30~12:30
※13:30より、EPO北海道との共催「協働セミナー(名称仮)」を実施予定です。
 引き続きご参加いただければ幸いです。
●場所/札幌市南8条西2丁目5-74市民活動プラザ星園
内容:
(1日目)
13:00~15:00「NPOを問い直す~その中で中間支援センターはどうあるべきか~」
→NPOのこれまでをどう考えるか、今後をどう見るか。
 その中で中間支援センターの役割をどう位置付けるか。
などについて意見交換会を実施。
15:00~17:30「NPOを取り巻く“評価”について」
→ NPO界での評価の潮流、評価の実態(賛否を含めて)
  講師:清水みゆき氏(日本NPOセンター)

(2日目)
9:30~12:30「今NPO界で注目のワードについて」
  →“休眠預金”、“遺贈”、“アボドカシー”、“円卓会議”、”コレクティブインパクト“などについて最新情報の共有、および意見交換会を実施します。(キーワードは予定です)
~13:30より、EPO北海道との共催「協働セミナー(名称仮)」を実施予定です。
 引き続きご参加いただければ幸いです~

対象:中間支援組織の理事、スタッフ、相談員等
定員:20名
参加費:2,000円/1団体(当センター団体会員は1,000円)
主催:北海道NPOサポートセンター
お申込み:Mail:info@hnposc.net / Tel:011-200-0973

2018-02-05

北海道NPO情報2月号

北海道NPO情報2月号を発行しました。


PDFファイルをご覧いただけます。

バックナンバー一覧
http://npo.dosanko.org/2018/01/npo2017.html

2018-01-26

NPOによる多様な被災者支援を考える意見交換会~災害時にNPOができること

災害時に私たちができることは何だろうか?~
今後道内で発生する災害におけるNPOによる支援活動を促進するために災害時にNPOとして何が出来るかを一緒に話し合いましょう

 内容
1.「災害時における被災者支援活動の展開について」 話題提供者 Wellbe Design 篠原辰二氏
 災害時におけるNPO等市民セクターが行う支援活動の展開について、全国的な事例をもとに説明します
2. 意見交換会「災害時のNPOの役割について考える」
 組織の特性を生かした災害時の支援活動について話し合います

■話題提供/一社)Wellbe Design    篠原辰二氏
まちづくりに関する各種の事業を展開するほか、地域福祉活動の担い手育成やコミュニティソーシャルワーカー等の対人援助職に対する人材育成事業を展開。
大規模災害発生時には、災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(略称:支援P)からの要請に基づき、災害ボランティアセンター運営の支援に当たる。社会福祉士。防災士。道都大学社会福祉学部卒。1976年生れ。伊達市出身。

●参加無料、定員20名
●対象/すべてのNPO(災害支援活動をしていない団体からのご参加もお待ちしています)
●日時/2018年2月19日(月)13:30~15:30
●場所/市民活動プラザ星園 中会議室(札幌市中央区南8条西2丁目5-74)
●お申込み・お問合せ/NPO法人北海道NPOサポートセンター
電話:011-200-0973       FAX:011-200-0974
メール info@hnposc.net
【共催】(特非)北海道NPOサポートセンター、(一社)Wellbe Design   
【後援】(社福)北海道社会福祉協議会

2018-01-22

「会計王」導入個別相談会

人気の会計ソフト「会計王」を開発・販売している株式会社ソリマチのご担
当者が、導入をお考えの団体さんとの個別相談に応じます。1団体あたり最長1時間まで。会計の分量が増えてきてお困りの団体さん、経理担当者の方、NPO会計基準に対応した経理ソフトの導入をお考えの方、ぜひお越しください。

●日時/3月5日、12日月曜日初回13:30~、2回目14:45~、3回目16:00~。それぞれ3月1日、8日までにお申込みください。
●場所/北海道NPOサポートセンター事務所内(札幌市中央区南8条西2丁目5-74市民活
動プラザ星園201号室)
●対象/これから会計王NPOエディションの導入を考えているNPO法人・任意団体。各回先着3団体まで。
●相談無料。
●お申込み/北海道NPOサポートセンターまで、団体名と希望時間をお知らせくださ
い。

参考 ソリマチ会計王NPOスタイル

2018-01-05

1月20日開催~福島の今を聞く、福島の未来を探る

福島県から北海道に避難されているみなさまへ
平成29年度「福島県県外避難者への相談・交流・説明会」事業

東日本大震災、福島第一原子力発電所事故後、避けることのできなかった「分断」という現象に苦しめられながら、私たちは悩み、考えた分だけ多くを学んできたはずです。
その学びを、未来につなげるためにできることはなにか…
異なる2つのフィールドから語られる福島の「今」
福島から北海道へ避難・移住したみなさんの「今」
どれも、事実であり、いっしょに話をすることで「共感」し合える何かがみえてくるはずです。
そこから、みんなの未来を探ることができるのではないでしょうか。


第一部:福島県からの情報提供&質疑応答
第二部:交流会。テーマ「福島の今を聞く、福島の未来を探る」
・講演「福島県避難解除区域の社会教育について」荒井宏明氏(一般社団法人北海道ブックシェアリング)
・講演「福島でマルシェを開催する理由」佐藤宏美氏(Gooddaymarket実行委員会 代表)
・意見交換

●日時/2018年1月20日(土)14:00~16:30
●場所/かでる2.7 310号室(中央区北2条西7丁目)
●交通機関/地下鉄「さっぽろ駅」「大通駅」
●その他/参加無料。託児希望の方はその旨をお申し込みください。
●お問合せ/NPO法人北海道NPOサポートセンター
メール info@hnposc.net
TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974
月~金曜日10:00~18:00

実施主体/福島県
事業管理者/一般社団法人ふくしま連携復興センター
受託事業者/NPO法人北海道NPOサポートセンター


北海道NPO情報1月号

北海道NPO情報1月号を発行しました。


PDFファイルをご覧いただけます。

バックナンバー一覧
http://npo.dosanko.org/2018/01/npo2017.html

北海道NPO情報 バックナンバー



ファイル形式はPDFです。※PDFファイルを閲覧頂くには、最新のブラウザをご利用下さい。ダウンロードする場合は、ファイルメニューからダウンロードを行って下さい。

2018年 12月号
2018年 11月号
2018年 10月号
2018年 9月号
2018年 8月号
2018年 7月号
2018年 6月号
2018年 5月号

2018年 4月号
2018年 3月号
2018年 2月号
2018年 1月号
 
1998年1999年2000年2001年2002年2003年2004年
2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年 |
2012年2013年2014年2015年2016年2017年

北海道NPO情報2017年発行分

北海道NPO情報 バックナンバー



ファイル形式はPDFです。※PDFファイルを閲覧頂くには、最新のブラウザをご利用下さい。ダウンロードする場合は、ファイルメニューからダウンロードを行って下さい。 

2017年 12月号
2017年 11月号
2017年 10月号
2017年 9月号
2017年 1月号
 
1998年1999年2000年2001年2002年2003年2004年
2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年 |
2012年2013年2014年2015年2016年

2017-12-13

今のわたしにできること 「はじめの『子どもの居場所』ボランティア体験」

自分に合った、今の自分でできる活動をみつけてみませんか?

子どもが安心して過ごせる、色々な体験ができる、生活の悩みを相談できる、そんな居場所を地域につくる取り組みをしている団体がたくさんあります。
「子どものために何かしたいけど何が出来るだろう?」と思っている方にむけて様々な活動に参加できるボランティアプログラムをご用意しました。

◆内容
1)ステップ1 事前説明会に参加  
本会に参加した方がボランティアプログラムに参加できます! 
日時:2018年1月10日  
場所:市民活動プラザ星園 大会議室 
参加費:無料
子どもの居場所づくりに取り組む団体にボランティアするうえで大事なことを学びます

<内容>
①子どもを取り巻く現状について 講師:二本松 一将氏(札幌学院大学)
②子どもと関わる上で大事なこと 講師:品川 香世氏(ねっこぼっこのいえ 子育て支援員)
③各プログラムの説明
 
2)ステップ2 ボランティアプログラムに参加 
説明会でお渡ししたボランティアプログラム集の中から、興味ある活動にいくつでも参加できます。
時期:2018年1月~3月  登録料:500円(保険料込)

3)ステップ3 振り返り会  ※3月頃に予定していま

◆対象者・定員
・子どものために何か活動をしてみたいと考えている方 ※ボランティア経験無い方も大歓迎です!
・定員は40名

◆プログラム実施団体                  
<学習支援>
NPO法人Kacotam(東区・北区)
<子ども食堂>
NPO法人子どもの未来・にじ色プレイス(豊平区)
こども食堂りあん(北区)
西野子ども食堂kaokao(西区)
あかはな子ども食堂(西区)
<子育てサロン>
ねっこぼっこのいえ(豊平区)
<プレーパーク>
月寒プレーパークの会(豊平区)
あれとぽ(南区)

上記以外の団体のボランティアプログラムも用意しています。

◆お問合せ・お申込み (締切:2018年1月9日(火))
NPO法人北海道NPOサポートセンター
住所:札幌市中央区南8条西2丁目5-74 市民活動プラザ星園201号
TEL :011-200-0973  
FAX :011-200-0974
E-mail: info@hnposc.net

主催:NPO法人北海道NPOサポートセンター
後援:北海道、札幌市

本事業は「平成29年度 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業」の助成を受けています




2017-12-11

多様で緩やかなつながり のびる組織をつくる フォローアップ講座in旭川

多様で緩やかなつながり のびる組織をつくる フォローアップ講座in旭川
https://www.facebook.com/events/1783841248324478/

「つながり」を活かした組織について、その後の進展を共有したり、相談したりしてみませんか? さらに今回は集まったみなさんで意見交換して、より強い団体間のつながりをつくりましょう。多様で緩やかな関係を意識的に結びつけることが「のびる組織」につながります。

11月5日開催した「多様で緩やかなつながり のびる組織をつくる」に参加した型、またはNPOやソーシャルビジネスなどの関係者または所属の方、自分たちの組織のつながりを強化したい方が対象です。

参加無料、定員15人。
内容/グループワークと意見交換会
(11月5日参加していてない方も参加できます)
●日時/2018年1月14日(日)13:30~15:30(お申込み締切1/11(木)
●場所/旭川市市民活動交流センターCoCoDe(旭川市宮前1条3丁目3-30)
●お申込み/旭川NPOサポートセンター 
info@cocode.jp
TEL:0166-74-4151 FAX:0166-39-2131

北海道NPOサポートセンター
メール info@hnposc.net
TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974