2019-04-08

北海道NPO情報4月号

PDFファイルをご覧いただけます。


バックナンバー一覧

http://npo.dosanko.org/2016/01/npo2016.html

北海道NPO情報 バックナンバー



ファイル形式はPDFです。※PDFファイルを閲覧頂くには、最新のブラウザをご利用下さい。ダウンロードする場合は、ファイルメニューからダウンロードを行って下さい。

2019年 12月号
2019年 11月号
2019年 10月号
2019年 9月号
2019年 8月号
2019年 7月号
2019年 6月号
2019年 5月号

2019年 4月号
2019年 3月号
2019年 2月号
2019年 1月号
 
1998年1999年2000年2001年2002年2003年2004年
2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年 |
2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年

2019-04-04

(毎月開催!)NPO会計学習会

NPO会計担当者の相互学習の場
NPO会計学習会を開催します!(毎月開催!)
~終了後会計王NPO法人スタイル導入相談会   supported by ソリマチ~


第1回目のテーマ【会計ソフトの部門設定】 


「今の部門が現状に即していない?」
「もうちょっとうまく部門管理したい!」
「みんな何を基準に部門設定してるの?」
→みんなで自団体の事例を持ち寄りましょう!

13:30~ 学習会
15:00~ 会計王NPOスタイル導入相談会
     (↑相談会のみ15日までに要予約)

※講座ではありません。NPOの活動はとても多様で複雑。。。そんな難しい会計を担っている会計担当者が相互に悩みを相談できる場を作りたいと思い企画しました。参加費無料ですので、軽い気持ちでご参加ください。

会計王NPO法人スタイルのご紹介→https://www.sorimachi.co.jp/products_gyou/acn/

お問合せ/会計王NPO法人スタイル導入相談会のご予約はこちらから


2019-04-01

北海道NPO会計サポート事業

【北海道NPO会計サポートのご案内】
~NPO等の運営を効率化・安定化し、持続可能な組織づくりをサポート!~


◆日常会計サポート:月額5,000円(税抜)~
 領収証綴り/現金出納帳/通帳コピーなどを月次でお送りいただき、データ化!
 ご要望に合わせて月次決算や内訳をご報告。
 ※領収証綴りを当サポートで作成することも可能です!
 ※予算管理もご相談ください。

◆会計ソフト導入サポート:1回30,000円(税抜)~
 団体の実情に合った会計ソフトをご提案し、ソフトの設定や切り替えをサポート!

◆期末サポート:30,000円(税抜)~
 期末処理→NPO法人会計基準に沿った決算書類を作成します。
 ※決算期のみのスポットも対応しています。

「どんな会計ソフトを使えばよいだろう?」「NPO法人会計基準に沿った形で決算書は作れているだろうか?」「現金実残高とデータが合わない!」「領収証が発行されないときはどうすればよいの?」


など、まずはお気軽にご相談ください。

道内全域をサポート対象としています。インターネットを使えることが望ましいですが、電話・FAX、郵送のみでサポートさせていただいているところもあります。
社労士、税理士、弁護士などの専門家や会計ソフトを販売している事業者、金融機関との連携しながら、組織内外から信頼を得る組織づくりをサポートします!

※税務申告や税務判断は行いません。NPO会計に精通した税理士をご紹介いたします。
※北海道NPOサポートセンター団体会員(年会費1万円)向けのサービスです。
団体会員の皆様には電話やメールにて会計データの確認や決算書へのアドバイス(無料)、パソコンでの伝票入力から決算書作成までのサポート(一部有料)も行っておりますので、当センターへのご入会もぜひともご検討ください。

《お問い合わせ》平日10時~16時
 北海道NPOサポートセンター 
TEL:011-200-0973 メール npokaikei@hnposc.net  


☆NPO会計担当者のための相互学習の場☆
【NPO会計学習会】毎月実施しています!!
詳しくはこちら

NPO法人会計基準については、下記サイトを参考にして下さい。

 「みんなで使おう!NPO法人会計基準」  


NPOの活動を多くの地域の人たちに知ってもらい、より多くの共感と支援を得るために、会計報告書を作る統一ルールとして、NPO法人会計基準ができました。NPO法人会計基準協議会が運営する上記のWEBサイトでは、会計基準が作られるまでの経緯と、基準の全文、実際に運用する人たちに参考にしていただけるよう、Q&Aや様式もダウンロードできるようになっています。ぜひご活用ください。

一緒に活動してくれる方募集!

【一緒に活動してくれる方募集!】
当センターでは、事業体制の強化を目的として、新スタッフの募集をおこないます。

募集要件
学歴、職歴、年齢、性別など不問
※ただし、以下の要件を満たす方
要件1:“中間支援”の分野に興味を持ち、幅広い活動をやってみたいと思える方。
要件2:社会、地域において問題意識を持っており、社会課題、地域課題に積極的に取り組みたいと考えている方。

募集職種
・常勤スタッフ 1名 (形態は雇用、もしくは業務委託)

業務内容
☆災害発生時におけるNPOの役割検討、
☆福島県県外避難者への相談・交流・説明会等の事業、
その他、当センターが行う幅広い業務。
・NPOのための各種バックオフィスサポート、
・道内中間支援同士のネットワークづくり、
・市民の社会活動参加を促進するための講座開催事業、
・子どもの貧困のための中間支援センター事業、
・連携団体(市民ファンド、市民バンク)の事務局など、活動は多岐にわたります。

活動開始日
2019年6月1日~(応相談)
活動開始日は、調整が可能ですのでご相談ください。

活動日
原則として月~金10:00~18:00
年末・年始は事務所閉所
イベント等により土日の活動もあります。

活動場所
(特活)北海道NPOサポートセンター
◆事務所
札幌市中央区南8条西2丁目5-74市民活動プラザ星園201号室

(雇用の場合)給与条件
常勤:月額18万円~
雇用期間あり:1年(延長あり)
※経験等及びプロジェクト予算を検討し契約条件を決定します
・社会保険、労働保険あり
・通勤交通費(上限10,000円)及び活動交通費:実費支給、マイカー通勤不可

応募方法
まずはメールかお電話にてお問い合わせください。
その上で応募書類をお知らせいたします。
応募書類提出の締め切りは5月7日(火)必着とします。

特定非営利活動法人NPOサポートセンター 担当:高山 info@hnposc.net
※件名に「新スタッフ募集」と明記
応募書類をご送付いただいた方から順次、選考いたします。

お問い合わせ
札幌市中央区南8条西2丁目5-74市民活動プラザ星園201
北海道NPOサポートセンター(平日10時~18時)
TEL 011-200-0973
担当:高山(info@hnposc.net)

2019-03-26

第3期「つよあたラボ」

つよあたラボとは、「北海道で“強く温かい組織”を増やす実行委員会」が主催する、組織作りを学ぶコースです。NPO法人CRファクトリー(東京)が行っているコミュニティマネジメントラボを北海道用にアレンジし、北海道で活動している様々な領域の市民団体メンバーがボランタリーで主宰しています。4か月1期制で、約20人のラボメンバーが、月1回少人数で話し合う「壁打ち」や、月1回ラボメンバーが集合する「ギャザリング」で自身や組織課題と向き合います。一緒に学びませんか。会社や組織のマネジメントで課題を感じている方、これから起業やプロジェクトを開始したい方、より良いコミュニティ作りを学びたい方にぜひ参加していただきたい内容です。

●日時・場所/キックオフ 2019年4月27日(土)13:00~16:00@市民活動プラザ星園
ギャザリング(1)2019年5月17日(金)19:00~21:00@札幌エルプラザ(予定)
ギャザリング(2)2019年6月21日(金)19:00~21:00@札幌エルプラザ(予定)
成果報告会 2019年7月27日(土)14:00~17:00@市民活動プラザ星園

「壁打ち」はメンバー間で日程調整をします。

●その他/参加費は4か月間で5000円。
●お問合せ/北海道で“強く温かい組織”を増やす実行委員会
メール strong_warm_hokkaido@yahoo.co.jp 
フェイスブック https://www.facebook.com/strongwarmhokkaido/
●共催/NPO法人北海道NPOサポートセンター

NPO法人北海道NPOサポートセンター
 064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74 
市民活動プラザ星園201号室
メール info@hnposc.net

2019-03-18

すぐに活かせる!~会計基礎講座

NPO・ボランティア団体の運営に欠かせないスキルを学ぶ講座を開催します。

会計講座(講師・福井郁子/中西希恵):NPO・ボランティア活動において必要な会計の知識と実務について学びます。

●日時/2019年3月22日金曜日15:10~17:00
●場所/市民活動プラザ星園306 スペースコシカケ
●交通機関/地下鉄南北線「中島公園駅」、東豊線「豊水すすきの駅」
●その他/参加無料
●お問合せ/NPO法人北海道NPOサポートセンター
064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74 
市民活動プラザ星園201号室
メール info@hnposc.net
TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974

準備で差がつく!~会議の進め方

なんとなく会議を始めていませんか? 準備の仕方で会議の成果は大きく変わります。ファシリテーションきたのわの宮本奏さんを講師に迎えて会議の進め方について学びます。

(当日の予定)
・「こうしたい」会議をイメージしよう
・準備8割、当日2割
・役割分担の大切さ
・模擬会議をやってみよう

●日時/2019年3月22日金曜日13:00~15:00
●場所/市民活動プラザ星園306 スペースコシカケ
●交通機関/地下鉄南北線「中島公園駅」、東豊線「豊水すすきの駅」
●その他/参加無料
●お問合せ/NPO法人北海道NPOサポートセンター
064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74 
市民活動プラザ星園201号室
メール info@hnposc.net
TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974

番外編!ブラ歩き北海道★福島を知るツアー

2019年3月24日日曜日9:15~16:30
「ふくしま」は浜通り・中通り・会津地方の3つのエリアで成り立って
います。奥羽山脈と阿武隈高地で別れた3つの地域は、気候も歴史も
文化も違います。3つのエリアそれぞれの文化・歴史・現在の理解を
深めるために、北海道に残されたゆかりの地を巡るツアー企画、第5
弾です!

今回のツアーの内容
戊辰戦争後、明治2年に東京で謹慎中だった旧会津藩士が小樽に移されたあと、
明治7年に政府が屯田兵制度を創設。翌8年から屯田兵の入植が始まり、
旧会津藩士が札幌郡琴似に移住。明治9年に札幌郡山鼻、
そして、明治17年には福島県士族20戸が札幌郡江別に入植しました。
今回は、江別市立郷土資料館や開拓の村を訪れ、江別や北海道の開拓の歴史を学びながら、
先人の足跡をたどるツアーです。
そして、大熊町から避難・移住された方が南幌町で営むカフェで昼食をとりながら、のんびりと交流を深めます。

日程 324日(日)
ツアースケジュール 
 9:15 札幌駅北口 鐘の広場 集合
 9:30 出発
10:30 江別市立郷土資料館
12:00 カフェ「来未」
14:00 北海道開拓の村
16:30 札幌駅北口 解散

定員 8名(定員になり次第締め切り)
対象 東日本大震災により道内に避難移住された方
   福島県をもっと知りたい道民の方
参加費 1,000(開拓の村入場料含む、昼食代別途実費)
申込方法 下記連絡先までをお伝えください
     参加者名 連絡先(携帯)
     ア:震災により避難・移住された方
      イ:道民の方
問合せ/申込先 北海道NPOサポートセンター
電 話 011-200-0973
メール info@hnposc.net


福島県「平成30年度 福島県 県外避難者への相談・交流・説明会事業」
実施主体 福島県事業管理者 一般社団法人ふくしま連携復興センター
受託事業者 特定非営利活動法人北海道NPO サポートセンター



2019-03-13

広報の一工夫~プレスリリースを書いてみましょう( 飛んでけ!車いすの会の事例から)

NPO法人飛んでけ車いすの会の吉田三千代さんを講師にお迎えして、広報の基礎講座を開催します。現在NPOやボランティア団体などで活動している方、また活動してみたい方が対象です。自分の団体の魅力をどう伝えたらよいのか、一緒に考えてみませんか?

■講師/
吉田三千代さん:NPO法人「飛んでけ!車いす」の会 事務局長
鈴木たかしさん:NPO法人「飛んでけ!車いす」の会 広報、編集、車いすコーディネーター、元北海道新聞記者

●日時/2019年3月28日木曜日18:30~20:30
●場所/市民活動プラザ星園306 スペースコシカケ
●交通機関/地下鉄南北線「中島公園駅」東豊線「豊水すすきの駅」
●その他/参加無料
●お問合せ/NPO法人北海道NPOサポートセンター
064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74 
市民活動プラザ星園201号室
メール info@hnposc.net
TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974